あすかの人生劇場(ASD漫画ブログ)

アスペルガーのマンガ&エッセイです

アスペvsアスペの仁義なき戦い ①完敗 後編


SPONSORED LINK


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

100人中2人がASDだとして、健常の98人が気持ちが伝わり合って支え合っている中、ASDはいつも孤独。

だから、ASDっぽい人が怒られたり困っていたら、別に励ますわけじゃないけど、さりげなく声をかけたり、健常者の回りくどい言葉を翻訳したりと、健常者の手の届かなそうなところをフォローしたくなってしまいます。98人が分からない中、私だけが分かるなら、見過ごすことがなかなかできません。

だけど、これは私の短所でした。
衝動に抗わず後先考えずに行動する癖があります。相手の気持ちが分かって、フォローして、その後どうなるか。全部受け入れられる体力と覚悟はあるのか。もっと考えて考えて考え抜かなければいけませんでした。



前編はこちら↓

www.asujinge.com

 

 

頭の回転が速い

茄子さんは頭の回転が速く口が達者です。私は頭に浮かんだことを言葉に変換するのが苦手なのでとても羨ましいです。

ただ、彼の頭の回転が速いのは、他人の気持ちを考えていないから近道できているだけじゃないかなと思いました。

カレンダーを記憶できる発達障害者も同じ。普通の人がやっていることをやっていないから凸が尖っているだけであり、別に不思議なことではありません。

私がそこそこお勉強ができたのも同じ。普通の人が思春期に人間関係や精神面を成長させていた頃、私は何も考えずお勉強にしか脳のリソースを使っていませんでした。

みんなでこぼこがあって、得意なことと苦手なことがあって、それで当たり前なんだな、みんな違う野菜なので比べても意味ないんだな、と思いました。


上から目線

ASDは「そんなつもりはないのに上から目線に見えてしまう」ことがありますが、今回のは「自覚があって上から目線をしている」ことについてです。

茄子さんは普段から女性や後輩に対して上から目線でした。

謙遜やへりくだりを真に受けてしまい、腰が低い人に対して素直につけあがってしまうんですね。彼の場合学歴も高いし、非難されても確固とした実力があるので、自分を省みることができないのも仕方なかったかもしれません。


私も下手(したて)に出られると偉そうになってしまうこともあったし、逆に偉そうにされたらバカを演じていました。

自分というものが無いので相手から与えられた役を演じることが絶対だったのです。「どうして私なんかに腰を低くするの?あなたのせいで王様役を演じなければならないじゃない!」と他人のせいにしながら嫌々演じていました。本当は王様役なんて望まれてなくて、お互い家来役をやればバランスが取れたのに、そこまで思い至りませんでした。

これは、結構初期の段階で直ります。
相手に手のひらを返されることで学んだり、鬱で引きこもっているうちに冷静になって気付きます。自我が強くなって「これじゃダメだ」と気付ける人もいます。



茄子さんと私とで意見が分かれることがたまにあります。
そんな時彼は私の意見をバカにして切り捨てます。

お恥ずかしいのですが、私も以前は相手がバカに見えることがありました。

でも、相手がバカに見える時は、たいてい自分がバカなんです。自分の視野が狭くて相手の思考を理解できていないだけです。

自分の意見が正しいと思っているから、相手の意見を深く考えません。自分の視野が狭いことに気付かないまま、下手すると大きく恥をかくことになります。

私は茄子さんに恥をかかせないために、バカにされてもめげずに説明しようとしたのですが、食い気味で論破してくるので聞いてもらえませんでした。後で他の方から伝えてもらいました。

私も話下手なので、仕方がないです。
食い気味で論破については面倒くさいけど別に腹は立ちません。

 

セクハラに注意

彼はことあるごとに私に「かわいい」と言うようになりました。私のほうが10歳以上歳上で、地味だし美人じゃないし既婚だし、さすがに恋心などではないのは分かります。

悪気が無く、良かれと思って仰ってるのは頭では分かってます。
人付き合いに不慣れな人が変な褒め方をしてしまうのは良くあることだと思います。私も会話に困ったらとにかく褒めるところを探すことがあります。

しかし、私の素直な気持ちとしては、言われるたびにゾーっとしました。
職場の人間を女性として褒めるのはどうかと思うし、あなたに女性扱いされたくないし、「かわいい」は小さくてか弱いものを愛でる言葉だし、年上の私はバカにされているように感じます。そんなつもりがないのは分かっていますが。

言えば分かる人だと思っているから「やめたほうがいいよ」とアドバイスしたいけど、毎日顔を合わるのにギクシャクする結果になったら困るし。参ってました。


さらに彼は、私に「すごーい」と言わせたいがために、毎回さりげなく自慢話をしてくるようになりました。

また、「そんなことないよ」と言わせるために、「どうせ僕なんかカッコワルイですよ」「ダメな人間ですよ」などと言ってくるようになりました。

「すごーい」「そんなことないよ」とテンプレ回答すれば済んだのでしょうが、申し訳ないのですがこれ以上エスカレートさせたくなかったので華麗にスルーさせていただきました。


・・・茄子さんに限らずアスペさんから甘えられたり無理を言われたりすることが何度かあるので、私の問題でしょうね。距離を掴めないアスペさんに寄りかかられて共倒れしてしまいます。私自身が弱すぎて抱えきれません。責任感がありません。私が直さなきゃいけないんだな・・・



あと、嘘みたいですが、茄子さんはさり気なく私の手に触れてくることがありました。一度たまたま当たった時に味を占めたのでしょうか?

書類を受け取ろうとしたら偶然触れちゃった…のつもりなのでしょうが、明らかに手を狙ったリーチなので分かります。ガサツを装って、隙あらば毎回チャレンジしてきます。最初は普通だったのに…

画像:手に触れられる

手を引いて逃げるけどね。
相手が逃げてる時点で気付かれてると察するのは無理かー。

初期に言えればよかったのですが、傷つけず、恥をかかせないで済む言い方やタイミングが分からなくてずっと悩んでました。私も悪い。

手を触るだけではなく、すれ違う際や座って打ち合わせ中、偶然を装って体や足に触れようとするようになりました。身体が不器用でぶつかってしまうんじゃなくて、以前は普通でした。

で、触れても謝りません。バレてないと思っているようです。言えない私も確かに悪いですが、私には触覚が無いと思われている?人の気持ちが分からないだけでなく、人の触覚も分からないのか??

私がおかしくなってるのかよく分からなくなってきました。


彼にいつも見られている気がするし、給湯室についてきたり、コピー室についてきたり、私が席を立つたびに彼も立って近づいてくるので、いつもパックマンのように逃げ回っていました。

何度も言いますが、好きとかではないと思います。ドキドキしているようには見えなかったので。どちらかというとお母さん扱いですかね。理解者と話したい、優しくされたい、癒されたいという感じでしょうか。


空気が読めない上に、欲望に一直線で周りが見えなくなっているので、バレバレな行動がとれてしまうんですね。彼ほど頭の良い人でもこうなるのか。いや、頭がいいからこそ、証拠に残らない範囲でし尽くせるのか。

私も恋をしてる時や欲しいものがある時にこの状態になっている気がします。その時はもちろん自覚していなかったのですが、茄子さんの様子を見てハッと気付きました。こんなにバレバレだったのかと恥ずかしくなりました。


最初の頃は少しでも癒しをあげられたらと思っていたけど、拒否感が強くて正常心を保てなくなりました。逃げる事しか考えられなくなりました。


自意識過剰だと思われたくないので会社の人には相談できないし、夫に相談したら怒り狂うだろうし、適当な理由をつけて会社を辞めました。


完敗です!