あすかの人生劇場(ASD漫画ブログ)

アスペルガーのマンガ&エッセイです

私がASD的思考癖を直した方法2


SPONSORED LINK

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
の続きです。

負の感情を認める

私はいつも誤解されていました。
 
人の気持ちが分かると思っている人たちは、いつも私の気持ちを読み間違います。
深読みしすぎ、裏読みしすぎ、邪推しすぎているように感じます。そして、その考察結果に自信を持っている人のなんて多いことか!
 
みんな、どうしてそんなに勘ぐるの?
違うんだよ、私はもっと単純バカなんだよ、と分かって欲しかった。
 
私は誤解されないよう、さらに素直にピュアに真っ直ぐになりました。私が考えを練れば練るほど誤解されると思い、 深く考えず第一段階で表現しました。単純なほどいいと思っていました。 
 
しかし、それでも誤解は無くなりません。
 
私は問題解決とは逆方向に進んでいたのです。
 
 
私はもっと考えなければならなかったのでした。表現方法を磨かなければならなかったのでした。私の人の気持ちを推し量る能力はとても弱い。その弱い力を、私は自分から捨てていました。自らASD寄りに進んでいました。
 
同級生は私を同レベルとして扱ってくれていましたが、それが誤解の元でした。私がこのことで悩み始めていたのは小学3年生頃でしたが、当時のみんなの推察能力が10だとすれば、私の推察能力は3でした。
 
同級生が深読みしすぎていたのではなく、私が浅すぎたのです。その対抗措置として私は自分のレベルを下げました。なんということでしょう。
 
また、同級生もレベルがひよっ子でした。成長途中なので推察も幼いし間違いもあります。私はその幼い推察を白黒思考で批評し「こんなに分かってもらえないのだから、やはり人の気持ちは分からないものなのだ、分かると思ってるみんなは傲慢だ」という考えを強めました。人の気持ちを知ろうとせずASD特性を増幅させていました。
 
 
 
そんなこんなで大人になると、推察レベルが99の人間たちに囲まれます。
その人たちを見ていて分かったことがあります。
 
心を読む能力を高めようとすると、必然的に人の心の悪い部分も深く掘り下げて理解することになります。相手を傷つけたり、嘘をついたり、コントロールできるようになります。推察能力の高い人はみんなこの能力の片鱗を見せています。ちょっとこわい。
 
でもほとんどは善良な人間なので、その能力を良いことに使います。人を傷つけないように言葉を選んだり、大丈夫な振りをしている人の嘘を見抜いて休ませてあげたり、相手が前に進めるようアドバイスしたり。
 
私も同じように善良な人間のつもりでいましたが、土台となる能力が全然違っていました。私は他人や自分自身の、表に出すべきまっとうな正の感情ばかり重視し、裏に隠れた負の感情をあまりにも見ない振りして生きてきました。
 
 
私が自らASD寄りになっていったこの部分、
  1. 率直なほどいいと思っていた
  2. 人の気持ちは分からないと悟っていた
  3. 人のマイナスの感情から目を背けていた

これらは、自覚して考え方を直せば回復することができます。
とくに3つ目。人の負の感情を理解しなければ、本当の意味で優しくなることはできません。
 
また、自分自身の「嫌悪」「苦痛」「嫉妬」「恨み」「軽蔑」などの負の感情を見ないふりしてはいけません。向き合って、認めて、それでいて取り込まれず、ふっと受け流すまでが大事です。
 
受け流し方は、周りの人を観察して真似をすることで身に付けることができます。
具体的には、「愚痴を言う」「笑いに変える」ですね。もちろん平和的に、節度を守って。みんなストレスが小さいうちに口に出しています。風船が膨らむ前に。みんなそうやって生きています。お手本がたくさんいます。

悪口が苦手だったけど愚痴なら喜んで聞けるようになった - あすかの人生劇場


心の中で思うだけでも効果ありです。信用できる人に口で話すことができれば一番良いのですが。
 
SNSに匿名で吐き出すこともお勧めします。今はいい時代ですね。共感してくれて、頑張りを見守ってくれる人がきっといます。

愚痴を言うのがたぶん一番簡単な方法ですが、怖くてできない方もいらっしゃると思います。そんな方には、アンガーマネジメント、マインドフルネス、反応しない練習などはいかがでしょうか。自己完結する方法です。

感情を殺すことでなんとか耐えてきた系の人はゆっくりやりましょう。私は自覚してからとんとん拍子に成長するので調子に乗ってしまい、感情を生かしたまま大きなストレスを乗り越えようとして体が壊れてしまいました。まずは過去の感情を思い出すことからリハビリしたほうが良いです。


このブログは、障害者を天使扱いせず悪いところも書くし、健常者へもチクッと嫌味を書いています。それは、私の負の感情を認めてあげるためでもあるし、昔の私のような純粋潔癖な人間に負の感情を知ってもらうためでもあります。綺麗なままでは生きていけません。みんな汚れるんだー!


私がASD的思考癖を直した方法の最後「自分をコントロールするもう一人の理性的な自分を意識する」は次回。

 

続き→交流分析とエゴグラム - あすかの人生劇場