あすかの人生劇場(ASD漫画ブログ)

アスペルガーのマンガ&エッセイです

私がASD的思考癖を直した方法1(固定ページ)

↓前回の記事 心の理論と客観視、他人との距離感について - あすかの人生劇場 でまとめきれなかったASD改善方法をご紹介します。結論から書きますと、 私が社会的ルールに縛られすぎていたことに気付き 不要なルールを身からはがしたら 本当の自分の気持ちを…

障害の重さと生きづらさは比例しません。

発達障害の方の書き込みを色々と見ていて思ったのですが、みんな本当に異なる状況で悩んでいます。身体症状で悩んでいる人、特性が強くて悩んでいる人がいます。私はたぶん特性が軽い方だし、感覚過敏やチック、運動の苦手さ(発達性協調運動障害)などもそ…

みんな諦める…私のことを教育することを

おすすめ 私がASD的思考癖を直した方法1 たぶん私も、人並みにしつけや教育を受けたのだと思います。私側に原因があって身につかなかっただけで。私は他人の「意図」が分からないので、たいていの助言は聞き漏らします。言葉自体の意味は分かりますが、そこ…

自己肯定感を上げるために成功体験を積む2(帰属理論と学習性無力感)

前回は、やる気(達成動機)の話をしました。そして、失敗を恐れる気持ち(不安動機)がやる気(達成動機)を打ち消してしまう話をしました。 自己肯定感を上げるために成功体験を積む1(達成動機) - あすかの人生劇場 今回は、成功や失敗の原因を分析し、…

ため息をつくと幸せが逃げるの本当の意味

ため息をつくと幸せが逃げるの本当の意味 「ため息をつくと幸せが逃げる」を文字通り受け取ると、うさんくさいスピリチュアル的なものを感じます。また、辛い時に「幸せ」の話をされてもピンとこないんですよね。縁遠すぎてどこの国のおとぎ話かと思ってしま…

自己肯定感を上げるために成功体験を積む1(達成動機)

こんにちは。怖がりで何ごとにも手を出せないあすかです。ゲームは簡単なダンジョンならできますが、クリアできるかどうか微妙なレベルにはチャレンジしたがりません。逆に、あまりにも難しそうなダンジョンには投げやりにトライしてみて「あーやっぱり私に…

抑鬱状態の時はどんな言葉も届かない

落ち込んでいる時はどんな言葉も届かない。 と、思っています。 私はそうでした。 お医者さんやカウンセラーなどのプロの言葉ならば、あるいは。 私が一番辛かった時期、ネットはまだ一般的ではありませんでした。パソコンを持っている人はまだ少なかったで…

ASDの純粋さからくる潔癖症(他者批判)をゆるめよう

アスペルガーは他者に対して潔癖症になってしまうことがあります。ここで言う潔癖症とは、不潔が怖いという意味ではなく、悪いヤツが許せないという意味です。 純粋だから悪が許せない ぶつかるか、避けるか 自分を認めて欲しかったら相手のことも認める 気…

発達障害と自傷行為

自傷行為をする人もいるし、しない人もいるし、する目的も人によって違います。私は自傷行為のつもりはなかったし、リスカする人の気持ちは全然分かりませんでした。以下、あまり痛くない自傷ですが、共感しやすい方や気分が悪くなりやすい方は読まないでく…

どうして運動が苦手なの?

発達障害は運動が苦手(発達性協調運動障害)と言われますが、私も例に漏れず苦手です。体の動かし方が分かりません。体育はずっと2か3でした。 運動が苦手でした。自分が今どう体を動かしているのか分かりませんでした。でも、私の場合、指先を使う作業は…

言葉の意味まとめ(自尊心・自己肯定感・自尊感情・自己効力感・自己有用感・自信)

自尊心や自己肯定感、似たような言葉がたくさんあって違いが良く分かりませんよね。なるべく簡単にまとめてみました。 自尊心(self-esteem) 自尊感情(self-esteem) 自己肯定感(self-esteem, self-affirmation) 自信(self-confidence) 自己効力感(se…

馬鹿を演じるのはやめよう

(一般向けの記事です)過去に、バカを演じることで得をしたことがたくさんありました。 知らない振りをすると、知識を持っている人が気持ちよさそうに説明してくれます。苦労せずに相手を立てることができます。知識のあるところを見せると、負けず嫌いの人…

交流分析とエゴグラム

私がASD的思考癖を直した方法2 - あすかの人生劇場 の続きです。私が自分を修正したきっかけの一つが交流分析とエゴグラムです。会社の研修で知りました。この時私はまだ発達障害を知りませんでしたが、この考え方のおかげで、自分を変える大まかな筋書きを…

私がASD的思考癖を直した方法2

前回の記事、 私がASD的思考癖を直した方法1 - あすかの人生劇場 の続きです。 負の感情を認める 負の感情を認める 私はいつも誤解されていました。 人の気持ちが分かると思っている人たちは、いつも私の気持ちを読み間違います。 深読みしすぎ、裏読みしす…

私がASD的思考癖を直した方法1(固定ページ)

↓前回の記事 心の理論と客観視、他人との距離感について - あすかの人生劇場 でまとめきれなかったASD改善方法をご紹介します。結論から書きますと、 私が社会的ルールに縛られすぎていたことに気付き 不要なルールを身からはがしたら 本当の自分の気持ちを…