あすかの人生劇場(ASD漫画ブログ)

アスペルガーのマンガ&エッセイです

自己肯定感を上げるために成功体験を積む1(達成動機)


SPONSORED LINK


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

こんにちは。
怖がりで何ごとにも手を出せないあすかです。

ゲームは簡単なダンジョンならできますが、クリアできるかどうか微妙なレベルにはチャレンジしたがりません。逆に、あまりにも難しそうなダンジョンには投げやりにトライしてみて「あーやっぱり私には無理ね」と確認したがるところがあります。

考えてみると、私の人生すべてこんな感じでした。

 

達成動機「アトキンソンの動機づけの理論」

人が一番やる気を出せるのは、「成功と失敗の可能性が五分五分の時」だそうです。

アトキンソンという心理学者が子どもたちに輪投げゲームで遊ばせる実験をしたところ、子供たちは成功の可能性が50%の距離から一番多く投げたとのこと。

成功と失敗が半々くらいの時に「よーし、達成してやるぞ」とやる気がみなぎるんですね。
近くて簡単に輪が入る距離では、つまらなくてやる気がでないということです。

成功の可能性と書きましたが、これは実際の成功率ではなく、「できそうだな」「できなさそうだな」と自分で主観的に判断した成功率です。人によって、メンタルの状態によって変わります。

できるかどうか微妙な課題に対して「やってみたい」と思い、挑戦して、成功して、次の課題に進む。そうやって成功体験を重ねていき、自己肯定感を育みます。



私のように「やる気」よりも「不安」が強い人の場合は、なんと結果が逆になります。五分五分の時はやる気がなくなり、簡単にできそうな課題、難しすぎる課題の時にやる気がでます。

漫画:達成動機

※ちょうど良いというのは五分五分のことです。ギリギリ成功できるという意味ではないです。念のため。


 課題をクリアできると、今まで50%の成功率だと思っていたのが、80%、90%と上がります(主観的成功率が上がります)。自分への期待度が上がり、ステップアップしてその先の課題に挑むことができます。

このようにして、成功体験を何度でも繰り返せる正のスパイラルが発生します。

不安動機(失敗回避動機)

私のように失敗を恐れる気持ち(不安動機)のある人でも、やる気(達成動機)は一応あるのです。

しかし、不安動機は達成動機より優先されるため、五分五分のちょうど良い課題に挑むことができません。

本当はもっとできるはずなのに、自己評価が低く、簡単な課題にしか挑めません。ステップアップの幅が低いので、成長スピードが遅くなります。

また、失敗しても恥をかかないようにわざと高い目標に挑んで「私は皆がやらない高レベルの課題にチャレンジしたのだ」とプライドを保ちます。

不安が強いためどんな課題にも緊張が強く、結局思考停止して挑むので失敗がさらに重なります。



不安動機が強い場合は、どうすればよいのでしょうか。


いいツイートですよね・・・
赤塚先生は「人の話を聞く」ことについて語っておられるのですが、「失敗を恐れる」ことを解決するヒントにもなります。

自分は馬鹿で、初心者で、若輩者だから、失敗して当たり前。
そう思えばどんな課題にも素直に取り組めます。

また、「失敗は成功の元」「失敗ではなく勉強だ」「トライアンドエラーだ」と思えれば失敗が怖くなくなります。

私は職場のデスクに「修行中」と書いたメモを貼ってましたね。他人から見えないようにですが。自分は修行中の身なので失敗して当たり前だ、ということを常に忘れないようにそうしていました。




アトキンソンは、

達成動機の強さ= 達成したいという動機 × 主観的成功率 × 目標の魅力・誘因

としました。式にすると難しいので目が滑りますね・・・
別に理解しなくていいですよ・・・

目標の魅力・誘因とはつまり、報酬のことです。報酬があればやる気が出るということを言っています。

  • 「ご褒美が手に入る」「みんなに一目置かれる」など、外からの報酬(外発的動機づけ)

  • 「きまりだからやる」「自分の将来のためだからやる」という社会的報酬

  • 「おもしろいからやる」「楽しいからやる」というそのこと自体が報酬となっている(内発的動機づけ)

下に行くほど健全ですが、上の方も上手く使えば効果はあります。

主観的成功率については上の方に出てきていますが、次回詳しくやります↓

自己肯定感を上げるために成功体験を積む2(帰属理論と学習性無力感) - あすかの人生劇場



参考:「教育心理学」北尾倫彦、他(※内容が古いのでおすすめはしない)
参考:https://www.u-gakugei.ac.jp/~nmatsuo/semi2.htm